株式会社エム・シー・フーズ

English

メッセージ

エム・シー・フーズは、三菱商事全額出資子会社として、飲料・嗜好品の原料供給・製品提案を通じ、三菱商事グループがグローバルに構築する食品原料バリューチェーンの一翼を担うと共に、原料起点のプロダクトアウト型、消費者起点のマーケットイン型を融合したお客様へのソリューションを一括して提供する大変ユニークな会社です。

エム・シー・フーズの歴史は、共に大正中期に創業した「日本紅茶」と「住田商会」に遡ります。わが国初の紅茶製造会社として創業した「日本紅茶」、台湾やサイパンでコーヒー農園事業も手掛けたコーヒー生豆問屋「住田商会」。長い歴史をもつ2社に、新たに果汁・製菓原料・酪農品等の新規事業を取り込みながら、2013年1月に事業統合し、現在の姿に至ります。

飲料・嗜好品のプロ集団として、当社にしか供給できないこだわりの逸品を提供すべく、日々精進してまいります。同時に、常にお客様のニーズと市場トレンドに耳を傾け、品質と価格のバランスのとれたオリジナル製品の開発・提案のお手伝いをさせて頂くため、サービスレベルの向上、品質保証体制の拡充、商品開発力の強化を行ってまいります。
これからも、皆様のお役にたち、必要とされる存在になることで、生活者の幸福と豊かな社会の実現に貢献していきたいと思います。

代表取締役社長
手代木 和人
2016年6月